父を自分の部屋に残し彼の所へ?ハラハラどきどきなLOVEタイム

父と二人暮らしをしている私は、父とのコミュニケーションを欠かさないようにしています。幼い頃から私のことをしっかりと育ててくれている父には、とても感謝しているからです。いつも悩みがあるときには、かなりたくさん父に話を聞いてもらっています。聞き上手な父は、私に最適なアドバイスをたくさんくれるのです。父のおかげで悩みを解決できることは、少なくありません。しかし、そのような父にも話せない秘密ができてしまったのです。

父に話せない秘密とは、隣に住んでいる男性と恋をしていることです。ふとしたことがきっかけで彼とたくさん話をするようになり、気づけば恋人関係になっていました。彼はかなりイケメンなので、一緒にいるだけで、とてもドキドキしてしまいます。彼のことが気になることはたくさんあり、私は仕事をしているときにも彼のことをたくさん考えています。

彼は私に会いたいとたくさん言ってくるのですが、私は父と生活をしているので、彼が会いたいときにすぐに会うことができないこともあるのです。父にまだ彼のことを話していないので、今は彼と秘密で会っています。父には秘密にしているので、彼に会いにいくときには、秘密でこっそりと自宅を抜け出しているのです。

彼の家に行ったときには、彼とずっとイチャイチャしています。イケメンの彼とイチャイチャしている時間がとても好きなので、やめられません。彼と楽しんでいるときに、壁の向こうには父親がいることを考えると、かなりスリルを感じてしまいます。スリルを感じると、さらに盛り上がるのです。父親は私が何をしているか知らないのです。

彼と楽しんだ後は、私は自分の家に帰ります。父の前に何気ない顔をして現れる私は、父に彼との関係を知られているかもしれないと思ってしまい、とてもドキドキしてしまいます。しかし、父は私たちの関係を何も知らないのです。そのスリルがとても好きなので、何度も彼との逢瀬を繰り返してしまいます。

彼とイチャイチャしている時間は、本当に大好きです。幸せを感じられるからです。しかし、壁の向こうには父親がいるということも忘れられません。父親の存在が気になってしまい、彼との関係を思う存分に楽しめないような気もするのです。父親のことを忘れてもっと夢中になって楽しみたいのですが、自宅が近すぎてしまい、このような悩みを抱えてしまう結果になっているのです。しかし、ハラハラドキドキしている時間から抜け出せません。