壁越しに聞こえる彼のうめき声…彼からの返信が途絶えた理由

いつもならメッセージを送ると結構早い段階で返事をくれる彼ですが、その日は返信がない状態が続いていました。
もしかしたら忙しいのかなとか、外出中で返事が出来ないのかな、それともシャワーを浴びたりしていて気づいていないのかなと、最初はそれほど気にしていませんでした。
しかし30分経っても1時間経っても何も返事は有りません。
普段ならもっと早くにレスがあるのに何もないので、どんどん心配になって行きました。

もしかしたら何か大きなトラブルが起きているのかもしれない、そう思ったのは大体メッセージを送ってから2時間位過ぎた頃でしょうか。
いつもだったらそんなに放置する事は無いからです。

とりあえずもう1回メッセージを送ってみると、何となくとなりの部屋の方から音が聞こえます。
それはメッセージを受信した時の音でした。
スマホが部屋に置かれているのかなと思ってもう1回メッセージを送りながら壁に耳を当ててみると、壁越しに何やら声が聞こえます。
できるだけ静かにして、そして息をひそめて聞いてみると、それは何だかうめき声のようでした。
ちょっと苦しそうで、そして辛そうなその声は、初めて聞く声でした。

彼が苦しんでいると思った私はすぐさま隣の部屋に行くと、偶然ですが玄関のかぎが開いたままになっていて、部屋に入る事ができました。
すると部屋の中では凄く苦しそうにしながら汗をかいてベッドに寝ている姿が有りました。
どうやら体調が悪くて寝込んでいたそうです。
急いで汗を拭いて、さらに頭を冷やしてあげて、さらに飲み物とかを買いにコンビニまで行ったりしました。
今考えてみると普段の私からは考えられない程の行動力だったと思います。
そしてその日はそのまま看病しながら私はベッドに上半身を預けて寝てしまっていました。

翌日、目を覚ますとそこには昨晩よりも肌の色が良くなった顔が有りました。
そして私の方を見ながら凄く申し訳なさそうにする彼の顔が有りました。
何で教えてくれなかったのかと聞くと、私には迷惑を掛けたくないと思っていたと言うのと、自分一人で寝込んでいれば何とかなると思っていたと言う事を教えてくれました。
メッセージが来たのも2回位は知っていたようですが、既にその頃から調子が悪くてスマホに手を伸ばす事すらできなかったよです。

調子が悪くはなって欲しくありませんが、今回見たいにひとりで寝込んでいるのはもっと嫌です。
だから次から調子が悪くなったら寝込む前に私に連絡をしてもらう事を約束してもらいました。